DIRTBIKE HOKKAIDO: 2017   

2017/06/26

2017 岩内3時間エンデューロ

※詳細調査中
  • 第1戦 7月9日(日)
  • 第2戦 9月24日(日)
  • 第3戦 10月29日(日)

2017/06/14

2017 サドルバックエンデューロ&モトクロス

■日曜日が休みでないライダーのための『'17サドルバックエンデューロ』の日程が発表されました。水曜日開催の水曜BI!どうでしょうは、第1戦6月21日と第3戦9月13日。日曜日開催の水曜BI!どうでしょうは、第2戦7月9日と第4戦10月15日。会場は第1・2・4戦が望来オフロードパーク、第3戦が栗丘ライディングパーク。クラス分けは、A・レーサー4st,B・レーサー2st、C・レーサーミニ、D・市販車126cc以上、E・市販車125cc以下。参加料は一組1名4500円、2名5500円(1名追加ごとにプラス1000円)と保険加入料。保険についてはEZOモトクラブによる一括加入。申し込みはモトクラブ騎馬民族のwebサイトからオンラインエントリー、または用紙記入の上FAX送信、もしくはサドルバック店頭にて。
また、8月には望来オフロードパークにてモトクロスイベント『BATTLE CREEK BLOW』開催予定。詳しくはサドルバック、騎馬民族のwebサイトで。

ミニスプリントレースも開催

初出時には記載されていませんでしたが、エンデューロの午前中の時間を使ってミニスプリントレースを追加開催することとなりました。レースは10分+1周、クラス分けは『以上』と『以下』クラス、以上クラスはジャンプが飛べる選手、以下はジャンプが苦手な選手。2時間エンデューロとダブルエントリーは1500円追加、スプリントのみは2500円。
  • 第1戦 6月21日(水) 望来オフロードパーク
  • 第2戦 7月9日(日) 望来オフロードパーク
  • 第3戦 9月13日(水) 栗丘ライディングパーク
  • 第4戦 10月15日(日) 望来オフロードパーク
  • BATTLE CREEK BLOW 8月11日(金・祝) 望来オフロードパーク ※調査中
サドルバック http://www.h4.dion.ne.jp/~saddle-b/
騎馬民族 http://kibaminzoku.com/
栗丘ライディングパーク http://www.auto-land.co.jp/krp.html

2017/06/08

V-off HIDAKA 7th

■日高ツーデイズエンデューロ(HTDE)応援ヴィンテージオフロードバイクミーティング『V-off HIDAKA』、第7回目となる2017年大会は、HTDE開催日の最終日9月17日に開催予定。大会詳細はまだ発表されていませんが、先にお知らせしたように、昨年の連続台風の被害の復旧工事などで日高町の宿泊施設の混雑が予想されており、全日本エンデューロ選手権参加者の宿泊施設予約については、JECプロモーションより早期エントリー受付期間が設定されています。ご参考までに...
V-off HIDAKA http://vmx.cosmos-factory.com/
ひだか高原荘 http://kougenso.jp/

北海道クロスカントリーエンデューロシリーズ(開催準備中)

■モトクラブ騎馬民族は、2017年より北海道クロスカントリーエンデューロ選手権として、4回のクロスカントリーエンデューロの開催を発表しました。詳細は後日発表、以下公式サイトより引用
■北海道クロスカントリーエンデューロ選手権開催準備中

モトクラブ騎馬民族を中心とした各大会実行委員会は2017シーズンに北海道で4回のクロスカントリーエンデューロの開催を予定しています。現在、各大会の関係機関と打ち合わせを行い開催に向けた準備をしていますので、詳細の発表まで今しばらくお待ちください。

8月20日  陸別クロスカントリーエンデューロ  30km×4Lap+7km×5Lap

9月3日   恵庭クロスカントリーエンデューロ  40km×5Lap

10月1日  苫小牧クロスカントリーエンデューロ 30km×4Lap+10km×4Lap

10月22日 ピリカ(今金)クロスカントリーエンデューロ 30km×4lap+7km×5Lap

2017/06/01

木下大サーカス札幌公演

■世紀のオートバイショーでおなじみの木下大サーカス、5年ぶりの札幌公演が2017年6月10日(土)から8月29日(火)まで開催されます。会場は旧月寒グリーンドーム駐車場特設会場。チケットは道新プレイガイド・チケットぴあ・ローソンチケット・イープラス・セブンチケットで発売中。詳しくは道新プレイガイド特設サイト、木下大サーカス公式サイトで。
道新プレイガイド 木下大サーカス特設サイト http://kinoshita-circus.doshin-playguide.jp/
木下大サーカス http://www.kinoshita-circus.co.jp/

GATTIスクールin北海道

■『ガッチ』ことトライアル国際A級スーパークラス小川友幸選手をはじめ、国内トップライダー豪華講師陣によるトライアルスクールが、全日本トライアル選手権北海道大会の翌日7月17日(月・海の日)に、全日本大会会場と同じわっさむサーキット開催されます。受講料は10000円、昼食付き。前日7月16日に和寒町研修施設「楡(にれ)」の宿泊も可能です。詳しくは自然山通信のイベント情報ページで。(以下引用)
全日本トライアル選手権シリーズ北海道大会翌日(7月17日)、毎年恒例のGATTI SCHOOL in 北海道 2017! 今回はわっさむサーキットで行います。
IASチャンピオン#1小川友幸選手をはじめIAS#5柴田暁選手ほかチームミタニの豪華講師陣での開催です。
北海道では年1回トップライダーと触れ合える機会です。全日本会場、和寒の走り方を伝授してもらいましょう。
デモ走行もかなり期待できることですし、ぜひご参加お待ちしています。

日時:7月17日(月)
時間:10:00~16:00くらい?
場所:わっさむサーキット
受講料:10,000円で昼食付き

7月16日の宿泊も可能です。
和寒町研修施設「楡」大部屋
女性の方は別途相談お願いします。

7月16日夜の前夜祭は調整中です。

参加申込は
山田淳二 jun2yam@nyc.odn.ne.jp
モトライフ(猪股) 090-2692-3141
自然山通信 GATTI SCHOOL in 北海道 http://www.shizenyama.com/event/hokkaido_event/21408
小川友幸公式サイト http://www.tomoyuki-ogawa.com/

2017/05/25

全道モトクロス レーシングスクール開催(中止)

■2017年全道モトクロス選手権開幕戦の前日 5月27日(土)に、全道モトクロス大会参加者を対象にモトクロスレーシングスクールが開催されます。対象クラスは、ジュニア65、ジュニア(85)、NB 85、NB OPEN。講師は北海道出身の国際A級ライダー、沼田誠司、砂田彰、武田善道の三名。申し込み方法は、MFJ北海道のwebサイトに掲載の申込用紙へ記入の上FAX送信。参加料は3000円。会場は第1戦千歳大会会場の新千歳モータランドオフロードコース。

05.25 中止のお知らせ

諸般の事情により、中止となりました。
MFJ北海道 全道MX第1戦千歳大会前日スクールを開催します http://www.jmpsa.or.jp/block/hokkaido/race/e8649.html
中止のお知らせ http://www.jmpsa.or.jp/block/hokkaido/race/e8698.html
新千歳モーターランド http://ncml.jp/

2017/05/19

2017 HTDE 宿泊予約について

■9月16・17日に開催される全日本エンデューロ選手権に於いて、昨年の連続台風による被害の復旧工事等で、現在日高町内の宿泊施設が大変混雑しており、大会参加者への空き部屋割り当て数が限られることが予想されるため、ひだか高原荘と国立日高青少年自然の家の宿泊予約について、JECプロモーションより発表がありました。

ひだか高原荘については、例年大会エントリーと同時に宿泊予約を行っていましたが、今回はひだか高原荘に宿泊予約を希望する選手のために、早期エントリー受付期間が設定されました。
日高ツーデイズエンデューロ開催時のひだか高原荘宿泊予約についてのお知らせです。

現在、日高では昨年8月に北海道を襲った豪雨による復旧作業が行われており、大会開催時も復旧工事に関連する方々の宿泊が必要なことから大会参加者に割り当てることが可能な部屋数が例年以上に限られます。
そこで、ひだか高原荘の宿泊予約を希望する選手の早期エントリー受付期間を設けることにいたしました。

日高ツーデイズエンデューロエントリー期間について

【新規設定】エントリー期間 (ひだか高原荘の宿泊抽選をご希望される選手)
全クラス対象:5 月 25 日(木)~6 月 5 日(月)
※詳細については、改めて JEC プロモーションのホームページからご案内します。

【従来設定】エントリー期間 (ひだか高原荘の宿泊をご希望されない選手)
■全日本クラス 7 月 24 日(月)~8 月 2 日(水)
■ナショナルクラス(ポイント未獲得者)8 月 4 日(金)~8 月 9 日(水)
■承認クラス 8 月 10 日(木)日~8 月 18 日(金)
※従来の期日でのエントリー(上記)は、予定通り行います。
また、国立日高青少年自然の家では、例年の2倍 200名の方の宿泊予約を受け入れてくれることとなりました。
9月16~17日開催の日高ツーデイズエンデューロ開催時の「国立青少年自然の家」の宿泊予約についてのご案内です

H.T.D.E参加者の「国立青少年自然の家」への宿泊予約は6月20日より受付を開始いたします。
予約方法については後日改めてお知らせいたしますので、「国立青少年自然の家」への直接の問い合わせはご遠慮ください。
詳しくは、JEC プロモーションのwebサイトをご覧ください。

ファントムスクール@北海道 2017

■2017年6月4日(日)、全日本 supermoto ProClass ライダー五十住洋佑選手によるモタードスクール 『ファントムスクール北海道版』が、オートスポーツランド砂川で開催されます。参加料は11000円、申し込み・お問い合せは sapporomotard@gmai.com まで。
ファントムスクール北海道 2017|あらふぉ〜らいだぁ〜足掻く!~北海道モタード初心者奮戦?記~ http://ameblo.jp/nrmkjt0311/entry-12267753124.html
オートスポーツランド砂川 http://www.homei-gr.com/beams/sunagawa/top.html

関連記事

MOTARD x SUNAGAWA 2017

初心者オフロードライディングスクール 2017

■2017年6月18日 留寿都村の BIG BEAR OHV PARK で、初心者オフロードライディングスクールが開催されます。午前中は基本ライディングスクール、昼食後はフリー走行、エンデューロコース体験、トライアル体験など。参加料は2000円(昼食付き)、定員60名、レンタルバイク(台数限定)3000円より。ヘルメット・グローブなどの装備は各自準備。講師はモトクロス国際A級・MFJインストラクターの武田善道氏。申し込みはMFJ北海道のサイトより申込用紙をダウンロード、印刷・記入の上二輪販売店へ、またはMFJ北海道へFAX送信。お問い合せはMFJ北海道まで。
MFJ北海道 初心者オフロードライディングスクール http://www.jmpsa.or.jp/block/hokkaido/enjoy/e8683.html
BIG BEAR OHV PARK https://bbrusutsu.org/

2017 北海道エンデューロ選手権

■2017年 北海道エンデューロ選手権の暫定スケジュールと、2018年度からのライセンス区分改定に関しての予告が発表されています。全7戦のシリーズ戦で、第6戦日高大会は全日本エンデューロ選手権第3戦 Rd.3-4 との併催大会となり、全8ラウンドとなります。第3戦、第5戦の会場は未定。各大会の開催クラス区分と必要なライセンスなど、開催要項は未発表。(2月23日時点) 第1戦の日程が5月4日から5月14日へ訂正されました。(2月27日) また、2018年1月1日よりMJFエンデューロ公認競技会におけるクラス区分とライセンス区分の改定に伴い、2017年度から2018年度間のクラス昇格基準等の条件が発表されています。

05.19 第3・5戦会場は夕張

未定だった第3戦・第5戦の会場が夕張市富岡特設会場と決まりました。
  • 第1戦 R1 室蘭大会 5月14日 室蘭八丁平オフロードコース (騎馬民族)
  • 第2戦 R2 ルスツ大会 6月4日 BIG BEAR OHV PARK (TEAM MOTOLIFE)
  • 第3戦 R3 ヒーローレーシング大会 6月25日 夕張市富岡特設会場 (ヒーローレーシング札幌)
  • 第4戦 R4 ヒーローレーシング大会 7月30日 BIG BEAR OHV PARK (ヒーローレーシング札幌)
  • 第5戦 R5 ヒーローレーシング大会 8月27日 夕張市富岡特設会場 (ヒーローレーシング札幌)
  • 第6戦 R6 R7 日高大会 日高ツーディスエンデューロ 9月16-17日 ひだか高原荘 (全日本エンデューロ選手権 第3戦 併催)
  • 第7戦 R8 ルスツ大会 10月8日 BIG BEAR OHV PARK (TEAM MOTOLIFE)
MFJ北海道 全道エンデューロ選手権 http://www.jmpsa.or.jp/block/hokkaido/race/c222.html
MFJ北海道 全日本エンデューロ選手権 http://www.jmpsa.or.jp/block/hokkaido/race/c1141.html
MotoClub騎馬民族 http://kibaminzoku.com/
BIG BEAR OHV PARK http://bbrusutsu.org/
日高モーターサイクリストクラブ http://hidakamc.com/
ひだか高原荘 http://kougenso.jp/
JEC Promotion http://jecpromotion.com/

2017/05/13

2017北海道エンデューロ選手権 R2 ルスツ大会

■6月4日 留寿都村のビッグベアOHVパークで開催される北海道エンデューロ選手権第2戦ルスツ大会は、全日本エンデューロ選手権(JEC)などで採用されているオンタイム形式で競技が行われます。1周11kmでスペシャルステージは5km、1周ごとにタイムチェックが行われます。車両は競技専用車及びモトクロスタイヤの使用が可能です。
また、JECで計測を担当しているWakita Softが今大会のタイム計測を行い、リアルタイムでリザルトの確認が可能となります。そのため計測体制(機材・スタッフ増員)等のコスト増に対応するため、通常のシリーズ戦よりエントリー料が値上げとなっています。IAクラス 7770円、IB・Nクラス 14770円、B・C・市販車クラス 11770円。また、道外在住選手のエントリーについては、当日5000円のキャッシュバックを行うとのこと。これを受けて、JEC 2016年 IAランキング3位 2017 ISDE 日本代表チームの前橋孝洋選手が参戦表明、道内IAライダーとのバトルが見ものです。
申し込み受付開始は5月15日(月)より。詳しくはMFJ北海道のリリースと、BIG BEAR OHV のwebサイトで
BIG BEAR OHV PARK https://bbrusutsu.org/2017/05/11/64は北海道エンデューロ選手権-第2戦がbig-bearで開催さ/
MFJ北海道 北海道エンデューロ選手権第2戦ルスツ大会 5/15エントリー開始です! http://www.jmpsa.or.jp/block/hokkaido/race/e8636.html

2017/05/08

旭川バイクフェスタ2017 THE RIDE

■6月11日(日)旭川市永山の北海道クミアイ自動車学校で、大試乗展示即売会『旭川バイクフェスタ2017 THE RIDE』が開催されます。試乗車は国内四メーカーを始めハーレーダビッドソン、KTM、DUCATI、TRIUMPH、SPYDER(トライク)、四輪のトヨタC-HRなど。試乗は自動車学校のコース内で行われるため、普通二輪免許で大型二輪車の試乗が可能。試乗には料金500円。その他バイク用品の展示販売も...
ZIP http://www1.odn.ne.jp/zip/
セキヤモータース http://sekiya.os-b.net/
北海道クミアイ自動車学校 http://h-kumiai.com/

2017 サマーバイクフェアinつどーむ

■2017年サマーバイクフェアinつどーむ(第36回北海道バイク祭り)が、6月3日(土)4日(日) 札幌市東区のスポーツ交流施設「つどーむ」屋外イベント広場で開催されます。原付きから大型車、新車・中古車の展示販売、バイクウエア・用品・パーツの販売、自動二輪免許取得相談コーナー、親子バイク教室、一般公道コースでの試乗会など盛りだくさんの内容。3日(土)には二輪ジムカーナ北海道スポットシリーズの大会も併催。入場無料。
サマーバイクフェアinつどーむ http://www.summerbikefair.info/
HMG 北海道二輪車商業協同組合 http://www.hmg.or.jp/
つどーむ http://www.shsf.jp/tsudome/

2017/05/02

YAMAHA RIDE ON DIRT 2017 in 北海道

■オフロードライディングスクール&エンデューロイベント『ヤマハ ライドオンダート 2017 in 北海道』が、6月4日 栗丘ライディングパークで開催されます。午前中はヤマハ車限定のオフロードライディングスクール、午後は公道走行可能な国内認定トレール車による2時間エンデューロ。お問い合せはヤマハ発動機販売北海道営業所、申し込みはお近くのヤマハ取扱店まで。申し込み締め切りは5月22日(月)
ヤマハ発動機 イベント情報 https://www2.yamaha-motor.jp/Event/Mc/
ライドオンダート https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/event/rideondirt/
栗丘ライディングパーク http://www.auto-land.co.jp/krp.html

2017/05/01

白滝エンデューロ 2017

■遠軽町の”ゆるい”オフロードバイククラブ『オフロード遠軽』が管理する奥白滝オフロードコースで、6月18日に 2017 白滝エンデューロ が開催されます。午前中は90分の耐久レース、昼食は焼き肉、午後はコース自由開放によるフリーライドで、初夏の北大雪を満喫できます。クラス分けは、85ccレーサー・125ccレーサー・250ccレーサー・85cc市販車・125cc市販車、レディース。参加料は各クラスとも4000円、参加申込み受付開始は5月22日(月)より。詳しくはオフロード遠軽のwebサイトで。
オフロードENGARU 2017白滝エンデューロ http://offengaru.s302.xrea.com/event049.html

2017/04/22

AREA-1 北海道 休止

■スーパーモタードとミニバイクのエンジョイレースイベントとして開催されてきた『AREA-1(エリアワン)北海道』は、諸事情により2017年度より開催されないこととなりました。以下公式サイトより
変残念なお知らせで恐縮なのですが、今年はエリアワン北海道シリーズを開催しないことになりました。楽しみにしていただいた皆様には申し訳ございませんがどうかご容赦ください。
諸般の事情によって、これまでの運営組織「エリアワン北海道実行委員会」での実施が困難となり、本年以降の開催を、ASL砂川での練習会を主催されている愛好者の皆様に引き継いでいただく方向で最近まで調整が進められていたのですが、最終的に実施が難しいという結論に至った次第です。申し訳ございません。
これまでのご支持、ご支援ありがとうございました。
エリアワン北海道 事務局

関連記事

MOTARD x SUNAGAWA 2017

2017/04/11

MOTARD x SUNAGAWA 2017

■オートスポーツランド砂川で開催される、モタードとミニバイクのサーキット練習走行会、MOTARD x SUNAGAWA の日程が発表されました。5月から10月まで月1回のペース、。参加希望者は事前に参加表明が必要、練習会の利用料は1名1日5100円、サーキット走行に際して、装着タイヤ、装備等の決まりがあるので確認のこと。8月19日(土)と20日(日)は林道ツーリングとコテージでBBQを合わせた SUNAGAWA 2DAYS が開催されます。詳しくはEZO MOTARD RIDERS の webサイトと北海道スーパーモタード部のFacebookで
  • 5月14日
  • 6月25日
  • 7月23日
  • 8月19-20日 SUNAGAWA 2DAYS
  • 9月3日
  • 10月8日
EZO MTARD RIDERS https://motardxhokkaido.jimdo.com/
Facebook 北海道スーパーモタード部 https://www.facebook.com/hokkaido.supamobu
オートスポーツランド砂川 http://www.homei-gr.com/beams/sunagawa/top.html

関連記事

AREA-1 北海道 休止

2017/04/04

釧路オフロードバイクレース 2017春

■毎年恒例の釧路市高山モトクロスコースで開催されるオフロードバイクレース、今年の春の大会は4月30日に開催予定です。詳細はMFJ北海道のお知らせページをご覧ください。
釧路モトクロス協会 http://ameblo.jp/holeshot946/
騎馬民族 http://kibaminzoku.com/
MFJ北海道 春の釧路オフロードレースのお知らせ http://www.jmpsa.or.jp/block/hokkaido/race/e8520.html

トライアル遠軽草大会2017

■遠軽トライアルパークで開催されるトライアル遠軽草大会。2017年も春 5月3日(水・祝)と秋 10月29日(日)の2回開催予定。詳しくは遠軽トライアルクラブ新BBSの投稿をご覧ください。
遠軽トライアルクラブ新BBS http://6258.teacup.com/engarutrialclub/bbs

遊ingトライアル 2017

■札幌市西区の平和自然園トライアルパークで行われるエンジョイトライアル大会、『遊ingトライアル』の2017年の日程が発表されました。全6戦で2〜5戦は誰でもおいでスクールも開催。詳しくはトライアルスポーツクラブ札幌のwebサイトをご覧ください。
  • 第1戦 5月14日
  • 第2戦 6月11日 (スクール)
  • 第3戦 7月23日 (スクール)
  • 第4戦 8月27日 (スクール)
  • 第5戦 9月24日 (スクール)
  • 第6戦 10月15日
トライアルスポーツクラブ札幌 http://tscs.sakura.ne.jp/

2017/04/03

第11回 クロスカントリーラリー北海道4デイズ2017

■芦別市を起点・終点とした北海道一円を舞台に繰り広げられるラリーレイド、今年で第11回目となる『HOKKAIDO 4DAYS』のスケジュール発表、及びプレエントリーが開始されています。7月14日(金)に芦別をスタート、道央と道東・知床方面を回り7月17日(月・祝)再び芦別へ戻りゴール。すでに3月15日よりプレエントリーが始まっており、5月19日より本エントリーが開始されます。詳しくは SSER webサイトの北海道4デイズ2017のページをご覧ください。
第11回 クロスカントリーラリー北海道4デイズ2017 http://www.sser.org/?p=10022

2017/03/27

にこにこエンデューロ 2017

■初心者と市販車(トレール車)を対象としたエンデューロイベント。2017年 にこにこエンデューロシリーズの予定が発表されています。通常4戦と12時間エンデューロ 1戦を予定。第3戦の会場は未定。第1戦 室蘭大会のエントリー受付はすでに始まっています。午前は市販車のみの2時間レース、午後は車両オープンの3時間レース。エントリーの際にスポーツ安全保険の加入が必要となります。詳細は、主催の高見道webサイト、もしくは計測・エントリー担当の騎馬民族のwebサイトでご確認ください。
また、主催の高見道webサイトには、2017年開催予定のエンデューロイベント情報も掲載中

第1戦 延期

第1戦の会場が残雪のため日程が4月2日から4月9日へ延期されました。
  • 4月2日 9日 第1戦 室蘭
  • 5月28日 第2戦 HOP
  • 6月25日 第3戦 ?
  • 7月16日 12時間エンデューロ HOP
  • 8月27日 第4戦 HOP

2017/03/14

2017 ガルルカップ・エンデューロ

■2017年 栗沢町 ガルルカップ・エンデューロの日程が発表されました。全6戦のシリーズ戦、会場は岩見沢市栗沢町栗丘の栗丘ライディングパーク。詳細はGPEオフィスのwebサイトで。
  • R1 5月21日
  • R2 6月25日
  • R3 7月30日
  • R4 8月27日
  • R5 9月24日
  • R6 10月15日
GPEオフィス http://gpeoffice.web.fc2.com/
栗丘ライディングパーク http://www.auto-land.co.jp/krp.html

2017/02/23

SNOW PUNKS 2017

■今年もやります、『SNOW PUNKS 2017』は3月19日(日)と20日(月・春分の日)の開催。例年通り初日は雪上ヒルクライム キングオブザヒルin HIDAKA、二日目は雪上モトクロス SNOW-X と60分耐久の ウインターXC 60min。エントリー料は1種目1名3000円、大会特別規則は準備中、オンラインエントリー 3月1日に開始。

2017/02/17

寒寒モトクロス 2017

冬季限定浜厚真モトクロスコースで開催される寒中モトクロス大会。昨年の大会収益により再生したブルット君で数年ぶりにコースをリニューアル。開催クラス・カテゴリーが増えてより楽しい大会へと成長。ひよっこオープン、KIDS50vsミニモト、KIDS65、Jr85、おやじ85、OPEN65&85、チャレンジ初級OPEN、チャレンジ中級OPEN、チャレンジ上級OPEN、オフ車以外OPEN までは10分+1周、特上OPEN は15分+1周のスプリントレース。さらに Aコースはフルサイズ市販車・レーサー、BコースはXR100等の小排気量車で、1人3周3人でのリレー形式のレース開催。参加料は大人5000円、中学生以下3000円で希望のレースすべて参加OK。申し込みは騎馬民族のwebサイトかFAX送信で。その他詳細はサドルバックのwebサイトで。
※2月5日に予定されていた第1戦はコース状況悪化のため2月19日へ延期となりました。
※更にコース状況悪化のため2月19日の第1戦は中止となりました。
  • 第1戦 2月19日(日) ※中止
  • 第2戦 3月12日(日)

2017/02/06

MOTO-PRODUCTS スノーチャレンジ VOL.3 VOL.4

■札幌市手稲区手稲前田のレストア・カスタムバイク製作販売の MOTO-PRODUCTS 主催、『第3回 MOTO-PRODUCTS スノーチャレンジ』が2017年1月22日(日)、MOTO-PRODUCTS特設コースで開催されます。2時間耐久レース、参加定員50チーム、Aクラス「50cc以下&レディース」Bクラス「一般200cc未満」、申し込み締め切りは1月20日まで。詳しくはMOTO-PRODUCTSのwebサイトで。

VOL.4 2月26日開催

開催内容はVOL.3と同じ、参加定員30チームに変更。申し込み期間は2月6日(月)〜2月23日(木)

2017/02/01

第1回スノーバイクワールドチャンピオンシップinルスツリゾート

オフロードバイクにスキーとクローラーを装着し雪上を疾走するスノーバイク。近年複数メーカーからアタッチメントが発売され人気上昇中。そんなスノーバイクによるスプリントレースが、2017年2月19日(日)にルスツリゾート特設コースで開催されます。開催クラスは排気量250cc以下エンジンの250クラス、排気量無制限のオープンクラス、スノーバイク経験の浅いライダーのビギナークラス。参加料は10000円、2クラスにエントリーの場合は5000円プラス、スポーツ安全保険1850円、参加申し込みは1月30日〜2月10日まで。詳しくはBIG BEAR OHV PARKのwebサイトで。

2017/01/10

2017年度 MFJ北海道 競技・役員ライセンス講習会

■2017年度 MFJ競技ライセンス(モトクロス・スノーモビル)・エンジョイライセンス・競技役員・講師ライセンスの講習会が開催されます。新規に競技ライセンスを取得する方で16歳未満か運転免許を取得されていない方。新規に競技役員ライセンスを取得する方のための講習会です。詳細・申し込み・お問い合せは、MFJ北海道のwebサイトをご覧ください。(以下MFJ北海道のwebサイトより引用)
2017年度のMFJ競技ライセンス(モトクロス・スノーモビル)(エンジョイライセンス)並びに競技役員・講師ライセンス講習会を開催します。

*新規に競技ライセンスを取得される方で16歳未満の方、運転免許を取得されていない方は、ライセンス講習会の受講が必要です。
*新規に競技役員ライセンスを取得される方もライセンス講習会の受講が必要です。
下記の案内・申込書にご記入の上FAXでお申し込み、または電話でお申し込みください。
◆日程・時間
①2017年1月15日(日):10:00~(モトクロス・スノーモビル)
②2017年3月12日(日):10:00~(モトクロス)
③2017年4月9日(日):10:00~(モトクロス)
 ※講習時間は1時間程度です。トライアルその他のライセンスについてはお問い合わせください。

◆注意事項
○16歳未満の方は親権者の同伴が必要です。
○講習後に修了証を発行いたします(ライセンス申請手続に必要です)。
○講習会の受講だけではライセンスは発行されませんので、ライセンス申請手続を各自(Web・郵送)お願いします。
○当日はライセンス料金は必要ありません。競技ライセンス講習会を受講される方のみ保険料300円をお支払いください。
○当日写真は必要ありません。ライセンスカード到着後、各自お貼り下さい。

◆講習会場・申込/問合せ先
MFJ北海道
札幌市北区新川5条20丁目1-20 札幌地区軽自動車協会2F会議室
TEL:011-768-4112 FAX:011-768-4113
2017年度MFJ競技ライセンス/競技役員ライセンス講習会のご案内 http://www.jmpsa.or.jp/block/hokkaido/race/e8192.html

2017/01/01

2017ウインターレース

2017 雪中バイクde3時間遊び耐

■雪上レースの本家・元祖・本場(?)十勝の十勝スピードウェイで開催される『雪中バイクde3時間遊び耐』、2017シーズンも2戦開催されます。
レース形式は一斉スタートによる3時間耐久レース、1チーム車両は1台、ライダーは1-2名。クラス分けは自称エキスパート、自称ミドル、自称ビギナー、カブ専用、ミッション50、AT50&ロード、レディース。車両の改造等は自由、お約束のスパイクタイヤ&チェーンの装着は禁止。参加料、ライダー1名5500円、2名7500円。申し込み方法は、webサイトより申込用紙をダウンロードし、印刷・必要事項を記入の上FAX送信。締め切りは開催日の4日前。詳しくは十勝スピードウェイのwebサイトで。
  • 第1戦 1月15日(日)
  • 第2戦 2月19日(日)
十勝スピードウェイ 雪中バイクde3時間遊び耐 http://tokachi.msf.ne.jp/moto-event.php?event_id=1270